メンズ

礼金なしの賃貸マンションで初期費用の節約を実践しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

家賃の目安を見る

女性

学生や新社会人に人気のある京都の賃貸マンションは、収入に応じた家賃負担を考えて探すことがポイント。暮らしにかかる諸経費を考え、だいたい手取り収入の3分の1が目安となります。

More Detail

初期費用の節約

電卓を持つ人

自分の住みたいエリアで新居を探し、引越しすることは新たな人生のスタートを切るタイミングです。最近は特に仕事やプライベートに関わるライフイベントがなくても、引越しをしてリスタートする人が多いです。新しい環境での新居探しは、理想の暮らしをイメージすることができて楽しくなるものでしょう。ただ、新居に引越しするには、賃貸マンションを借りる時の初期費用が発生することを忘れてはいけません。特に大きな負担となる敷金と礼金、仲介手数料はまとめると数十万円の負担になることもあるでしょう。これに引越し費用と家具・家電の買い揃えとなれば、まとまったお金が必要になります。 しかし、新居を選んで住みたいけど初期費用の負担に不安がある場合、礼金なしや仲介手数料無料の物件を選ぶと解決できます。礼金なしや仲介手数料無料の場合は、単に大家さんや不動産会社に支払う手数料が安くなるのでお得になるのです。

初期費用を賢くおさえることができる賃貸マンションの物件は、限られています。その理由は、対象物件自体がキャンペーン物件とされていたり大家さんのご厚意によったりするからでしょう。ですから、礼金なしや仲介手数料無料の物件は、まず対象物件を絞るところからスタートします。こうしておけば、予め初期費用が節約できる物件ばかりになるので、現実的に契約できる対象物件から選べるようになります。ただし、敷金が不要の場合は、退去時に相当の費用負担が請求されることもあります。契約時にはこのあたりを確認して、トラブルがないようにしておきましょう。

徒歩表記の謎

間取り図

シングル世帯に人気のある両国の賃貸マンションは、交通アクセスの良いところが人気です。特に10分圏内は、利便性が高く距離も近いことから人気の高い物件エリアとなっています。

More Detail

タイプで変わる

マンション

福岡で中長期滞在を計画しているなら、ウィークリーマンションの活用が便利でしょう。最近は専用型だけではなく、サービスが充実したアパートメントホテル型も登場しているので注目されています。

More Detail